バレンタインデーは 贅沢チョコと極上ブルース 1



20160214_192057389
いや、ホントに、
その日の存在すらすっかり忘れていたので、ふいに目の前に出されたときには もう恥ずかしいくらい戸惑ってしまったバレンタインデーチョコレート。

うーん、まいったなぁ。
せっかく、わざわざ、持ってきていただいたのに、受け取った瞬時に気の利いたコトバのひとつも返せなかったのが…あぁ 未だに悔やまれる。

あ、いかんいかん。
俺のモットーは 「後悔するなら反省を」 だ。
反省して、もっとアドリブトークを磨いていこう。

20160213_145053241

このチョコ、初めて口にした時の感想を素直に言うと、甘い、美味しい、濃厚、まったり、味わい深い、もちろんそれらの言葉はすべて軽く当てはまる気がするんだけど、でもピタッとハマらない。 うーん、ちょっと違う。
口の中で溶けていって、目を閉じて余韻を確かめてる時に確かに感じたのがね、「癒やし」の空気。

よくいろんなところで「癒やし」って言葉が乱打されてるでしょ。
テキトーに「癒やし」って書いてりゃまとまるし女子ウケいいし、みたいな。
あんなセンスのカケラもないボロ雑巾のように使い回された癒やしでは決してなくてね、ココロの奥までふんわり癒やしてくれる空気を感じたんですよ、いや 真剣に。

毎日まっすぐに頑張って、突っ張って突っ走ってあなたのように生きてたら、特に感じてると思うけど。。。
摩擦で擦り切れていくハートも、しがらみでささくれ立っていくココロも、ぶつかって叩かれて倒されて 壊れそうになっていくマインドも、そんなのをぜーんぶ包み込んでくれる気がしたんです。
優しくまったりと癒やしてくれるようなナゴミの空気を、そのときジワジワっとすっごく感じたんですよね。

すごいね、このチョコ。
でも、極めてシンプル

土のめぐみサムライ野菜もそうだけど、ここ熊本のオーガニック野菜の強みはそこが大きいんだけど。
そう、シンプルってこと。

新規飲食店舗さんのお問い合わせや新しいリクエストなどで多いお声が、新しい野菜がほしい と。
ま、わかりますよ。他店舗との差別化もそうだしオンリーワンの打ち出しもほしいし、料理する素材への飽きもあるんでしょう。
だからいろんな野菜バイヤーや流通グループなどは、珍しいイタリアン野菜とかかなり変わった世界の素材を引っ張ってくることを至上としてるところさえあるし。

かたや、野菜の特性や生命パワーを存分にご存知のシェフやオーナーのお店を幾つも知ってますが、まるで逆。
新しい野菜よりも、変わった素材よりも、珍しいアイテムを引っ張ることよりも、目の前の野菜を1000%活かす技を常に磨いていらっしゃる。
その季節ならではの色を皿の上で即興で奏でたり、その旬しかできない温度で野菜同士のジャムセッションをしたり。
その料理の味付けも、見せ方も、カットの法則も、細胞の浸透度合いも、実際にはとんでもないもの凄さを持っているんです。

でもね、極めてシンプル

シンプルだから見ててうれしい。食べて楽しい。いつの間にかすっかり癒やされている自分。
そりゃ、ファンになるわ…そういうお店。そんなシェフ。(今度いろいろとご紹介しますね)

野菜もそう、お店もシェフもそう、そしてチョコもそう。
結局、シンプルってのは一番難しいんだろうけど一番カンタンで単純で、そして一番心地いいしね。

そんなチョコをいただきながら、淹れたての熱いコーヒーを飲みながら一人で癒されてます。
で、シンプルで楽しいリズムを刻みながらブログを書きつつ、たまに一人で小躍りしてます。

20160220_204848

Nacomi さんのブルースは、かなりの確率で小躍りしてしまう。(笑) ずっとハマって聴いてます。
   Nacomiさんは国内はもちろんアメリカなどでも活躍されているブルースシンガーであり、ギタリスト、ブルースハーププレイヤー

すごいね、このサウンド。
でも、極めてシンプル

YouTube を見ると特にビンビンわかるけど、
その場の雰囲気ならではの色をステージで即興で奏でたり、その時しか生まれない温度でギター同士のジャムセッションをしたり。
ギターの味付けも、可愛らしい見せ方も、かっちょいい声も、バンドと客との浸透度合いも、実際には誰も真似ができないような一体感を作り出す凄さを感じるんですよね。

でもね、やっぱり極めてシンプル

シンプルだから見ててうれしい。聴いてて楽しい。いつの間にかすっかり小躍りしてる自分。(またかいっ・笑)
野菜もそう、お店もシェフもそう、チョコもそう、そして音楽もまったくそう。
結局、シンプルってのは一番技が必要なんだろうけど一番ストレートでまっすぐで、そして一番… めっちゃ楽しいしね。

よーしっ、
来年こそは、チョコを受け取ったその瞬時に、
Nacomiさんのブルースのように、即興で気の利いたコトバのひとつも返せるように もっとアドリブトークを磨いて…

あっ、来年チョコをもらえると 大前提で話してる自分が… なんだか かわいい…(笑)



コメントする

One thought on “バレンタインデーは 贅沢チョコと極上ブルース