ペロっと舐めて癒された午後 ~くらわんか五六市~





そうだったのか、初耳だった。
毎月第2日曜日が五六市だと。

…って、なんだ?

枚方宿くらわんか五六市」っていうらしい。

—————–

東海道五十三次。
西の終点は京都でした。ラストの宿場町、53番目が大津。今の滋賀県ですね。
ですが、江戸時代に東海道は終点の京都からさらに大阪まで延長されます。、
54次が京都・伏見、55次が京都・淀、56次が大阪・枚方、57次が多大阪・守口。
延長された大阪の終点が京橋。

淀川の港町として栄えてきた商人の町「枚方」は東海道56番目の宿場町
三十石船に乗ってその枚方にやってくる客に「餅くらわんか、酒くらわんか」
酒の肴を威勢よく豪快に売る「くらわんか船」が名物でだったという。

その時代背景を大切に伝えていくという地域活性イベントが(56番目の宿場町⇒ごろくいち)「枚方宿くらわんか五六市」なんですね。

いい。
こういうの、かーなり素晴らしいですよ。
 
大阪北摂生まれなので「くらわんか」っていうフレーズは子供の頃から知ってたけど、そうか、そうなのか、すっごく興味あるね。









1日違いで、昨日だったら修行イベントになったんだろうなぁ。よかったね。
今日は朝からおひさまが味方してくれて、雲はあるけどどーってことない。この時期でこの陽気なら超ラッキーだよなぁ。

チャリを近くに停めて(ルートの街道はチャリ禁止なので)京阪電車の枚方駅から枚方公園駅あたりまでゆーっくりと歩く。
手作りのかわいらしい作品や、思い思いの商品を並べているいろいろなブースを見て回る。

やっぱり女性が多いんだけれど、ハンドメイドのアクセサリーやバッグ、小物などの雑貨が圧倒的に多いのかな。

中には本格的な木工作品が所狭しと並べてあったり、センスいい革製品の一品物ばかりを置いてあったりね。

行ったのが午後からだったので、ケーキやお団子などのスイーツブースもパンやカフェなどの飲食ブースもほとんどなーんにもなくてね。
テーブルの上にはブツがないけど美味しそうなPOPだけがあるっていうのも、あれはあれでなかなかそそるよね。 想像というか妄想というか、悔しいけどかき立てられるよね。

次回は朝イチから行ってやろ。







滋賀県から来られてるのかな?
滋賀県の蜜を取り扱ってらっしゃるのかな?
ハチミツを販売されているブースを発見。
ちょうどおひさまが顔を出してきたところだったので、瓶が黄金にキラキラと輝いていて呼び寄せられた感じがしたので、ついブースへ。







仕事柄、なのでね。
ハチミツや養蜂には詳しいんだけど、もちろんそんなこたぁここでは関係なし。
お話しをおうかがいして、オススメされて試食もさせていただきました。

土のめぐみでは20年近く前から「みかん蜜」を取り扱っている。
野菜生産者からご紹介いただいて、熊本の地元の真面目すぎる養蜂家の蜜を。
だから当然、ハチミツの 本物と偽物はこんなふうに違んですよ的なお話しも講演やお話し会でしたりもしますね。
いや、ここでは書かないですよ。
ハチミツブログじゃないし。 「くらわんか」だし。(笑)

ま、ちょっとだけ思い出したお話しを。

ご高齢のお客さま(男性)のお話しです。


「土のめぐみさんの天然純粋みかん蜜を初めていただいたとき、『ずっと探していた昔ながらの本物の蜂蜜があった!』と本当にうれしかったんですよ。だからこれはぜひ孫に…と思って食べさせてやったんです。
すると、ひと口食べた孫が『チューブのがいい』と。。。愕然としましたよ」


実話です。
これを聞いて、苦笑いしたあとに変に納得もしたんです。
だって、ほら、スーパーのパン売り場の横を見たらあるじゃないですか、チューブ入りのが。いっぱい。あれ全部ヤバいですからね。まったく別物ですからね。
なので、それしか知らないパパママが買うんだから、子どもの選択肢はないもんね。良いも悪いも正解も不正解もなくて、それ。チューブ。水飴蜂蜜。(いや、入れ物の形態は別ですが)
というわけ。(苦笑)


今日、ブースでキラキラの蜜を見たらホッとしたもんね。
ペロっと舐めて、もういっちょホッとなごんだもんね。







フェルト生地のは、なんかわかんないけど安らぐよね。
ここのブースの商品は全商品くまなくチェックしてしまった。
しかし、パンダの目がないからホントならめっちゃ怖いんだけど、でもフェルトなら許せるもんなぁ。







貴重な「とち蜜」をいただいてきた。
試食したら、結晶化してる粒のサイズがすっごく好みでね。
クセはまったくないけど、大らかなまったり感が広がったのが気に入ったからね。

野菜もそうだし、お米も一緒。
ハチミツも同じだけど、実は生産者や養蜂家の性格が味にしっかりと出るんですよ。
なので、試食しているときに養蜂場をおもいっきり思い描いてた。

ホント心地いいよ、この蜜。
きっと心地いいよ、養蜂家。
「くらわんか~」と大らかで。


次は3月12日か。。。 よし、行こっ。




 サムライ野菜と笑顔をお届けします!
  ● サムライ野菜と笑顔をお届け

 Twitter そのひとことで世界が変わります
  ■ そのひとことで世界が変わります

 instagram あふれる大好きな空間 one-shot
  ■ あふれる大好きな空間 one-shot

 カウンセリングルーム「COPAIN コパン」
  ● 大丈夫 ・・・すべては あなたと一緒に

コメントする