登壇のあとのスタイリッシュぶぶ漬けがやたら美味かった







少し前のお話し。
この光景を見れば、ま、わかるだろうけど。
京都タワーを真っ白に染めるほど、って、もともと白か。
京都タワーが霞むほど真っ白な世界に包まれたパーティーの日でした。

お世話になっている「フランス式メディカルアロマテラピー」協会の催しでした。
JASMINE party ~Daily Luxury~ presented by Karina premium organics


京都駅から清水までタクシーで行ったんです。
まぁ、ビビった。
後部座席で、ずーっと足踏ん張ってたもんなぁ。

会場が清水のホテルだったんですが、さすがの観光地。アホほど人が多い。
韓国中国系の方たちってのは、車が来てもなかなかよけないんですよね。
道路のど真ん中を大声で・原色のファッションで・団体で闊歩する。
だから、タクシーの速度は時速3キロ。まぁ歩くより遅い。
それもつるんつるん滑りながら。
結局、ホテル前に停まるまで運転手さんはまったく一言も発せず。

いや、ホントに、ごめんなさい。
というか助かりました。ありがとう。
— 緊張で足がつりそうだった。






雪も、見てるだけならいいんですよ。
それもホカホカの会場からだし。この写メ。





総勢100名ほどは来ていたんだろうなぁ。きっと。
もともと旅館だったのをリノベーションした、採光が気持ちいい会場でした。
ウエディングの披露宴会場に使われるお部屋らしい。

「クロカン野菜」ってページに書いてあったなぁ。
司郎さんのオーガニック人参を持ってくればよかった。
あ、いや、ひとりごとです。。。










今回は、パネリストとして登壇させていただきました。
土のめぐみの事業や自分自身のことをお話したり。
今ホントに活動が活発な「食と心」の事業のお話しとか。

ただ、こういったパーティーには必ず「時間押し」がつきもの。
だから、トークの時間を急遽コンパクトにまとめて縮めて凝縮してマイクを握りました。
ま、こういうアクシデントというかイレギュラーというか、どんなところでも臨機応変対応には慣れっこなので。
フットワークの軽さが俺の身上だからね。
というか、このライブ感が大好きなので。

いや、だからってアクシデントが必ず必要ってわけじゃないからね。
これから先のいろんな主催者さん宛に言っとかなきゃ、ここで。
普通でいいからね。ノーマルがいいんだからね。
頼みますよ。(笑)


 



ラッキーウッド 小林工業株式会社


これ、コーフンしてしまった。
スプーンの先がちょっと平たくなってるのわかります?
そう、それだけ。
それだけのことなんだけど、これには驚いた。
ひとつ前の写真のパンプキンスープをすくってひと口。
その、スプーンを口から出す瞬間、出て行くそのとき、離れる一瞬が、今まで感じたことがないなめらかな心地よさを味わったので。
— ついコーフンして写メを。

これ、買おっと。












やっぱり京都はラストはお茶漬けか。
いや、「ぶぶ漬け」か。

こういうエリアを意識した演出はやっぱりうれしい。
いくらゴージャスな素材であっても、セレブなメニューであっても、こういうセンスには勝てない。

いや、ホント、センスもだけど、とにかくうまかった。
登壇後に席についてサラサラっといただいたら、めちゃくちゃ全身に染みるような美味しさだったね。











このパーティーは少し前のお話し。
思い出しながら書いてます。

もう今年も3月に入ってなお、このようなトークのお仕事が多いね。
去年もそうだったけど、さまざまなところからのご依頼がある。
多くの企業さんや各地の自治体、学校やいろいろな団体さんとか。
お店も多いし、いくつかのプロジェクトでもお話する機会が多い。
野菜や流通やいろんな裏話から起業や事業運営の話、そして「食と心」も。

きっと、そういう立場なんだろうね。
明日も、明後日も、来週もやります。
絶対に、役割が決まってるんだろう。
たぶん、これが使命だと思ってます。
なので、どんどん道を切り開きます。


なんだか、エネルギーがどんどんあふれてんのよ。最近。特に。
あふれてこぼれてもったいないから、話しに行きますっ。(笑)




 サムライ野菜と笑顔をお届けします!
  ● サムライ野菜と笑顔をお届け

 Twitter そのひとことで世界が変わります
  ■ そのひとことで世界が変わります

 instagram あふれる大好きな空間 one-shot
  ■ あふれる大好きな空間 one-shot

 カウンセリングルーム「COPAIN コパン」
  ● 大丈夫 ・・・すべては あなたと一緒に

コメントする