銀座で再会した ステーキのようなベーコンとステキな男







まず、ビジュアルで観せる。
五感のうちの視覚で魅せる。
まるで絵画のごとく、厳選素材を一枚のプレートに。

いや、言っとくけど、
ふだんいつもこんなセレブリティ的にメシ食ってないからねっ。(笑)







口を開いた貝がどれほどの威力か知ってるからね。
だから、貝以上に溢れ出てるソースが気になって。
だからとにかく、一番に汁を。液を。ソースをと。
トマトと合わさり放つエキスビームは、まぁ強烈。

銀座、オステリア ミオ・バール さんでの夜。
いや、フラっと一人で晩メシに銀座へは行かない。
それもハイグレードイタリアンへ行く趣味はない。
久しぶりに知人と会ったのでね。


スモーク・エース 代表、穴井浩児さん。
株式会社グリーゼ 代表、江島民子さん。
二人とも昔からの友人で、いわばネット繫がり。
…と言ってしまえば軽く聞こえるからあまり言いたくないけど。
説明が面倒くさい時はサラっとこんなふうに言うね。(笑)

穴井さんとは「食に携わる仕事」っていう共通項があるのでね。
だから、あえて言葉に出さずともわかるところはかなり多いね。
江島さんとはもう長いけど、きっかけはインターネット勉強会。
ある意味である時期の、俺の「師匠」という言い方になるかな。
もちろん穴井さんと江島さんの関係も長いし、信頼関係も深い。
なので、みんな仲はいいわけよ。


スモーク・エースさんは1983年創業だから34年か。
宮崎地鶏と燻製のお専門店で、宮崎市内に本社と工場があり宮崎空港にお店がある。
先日日経スペシャル「夢織人」という番組で紹介されてた。




鶏せせり香草焼」ってのがまた美味かった。
あれは絶対に女子ファンがどんどん増えると思うわ。どっぷり男だけどそう思う。



宮崎空港店の穴井さんを訪ねたのはいつだったか。
もう、かーなり前か。まだ東国原知事だったか?

あの時は夏休みで賑わってて。
たまたま俺が店頭に立つとお客様がどんどん押し寄せて・・・
よく考えたら、いつものデカい大阪弁が呼び込みになったんやろな、と。
この地声も役に立つ時があるのな。(笑)

そうだ、試食をいろいろいただいたんだった。
そだ、炭火焼きレアーはうまかった。
ビールがあると100倍旨いと思ったよなぁ。
中でもベーコンは、想像をグイっと超えて特にうまくて。
ステーキみたいなぶ肉厚さで、でもジュワーと柔らかくて。
たった一噛みで イッキにお気に入りになってしまった。







…っていうのを、
穴井さんはずっと覚えててくれたようで。
(ありがとう!うれしかった)
なんと「次回はワインを飲みにお連れします」
…って言ってくれたのも自分で覚えててくれたのかな。
(昔のログで確認したけど びっくり)

変わらず、いや、グレードアップ感あるスモークソフトベーコン
銀座でもたっぷり堪能させていただきました。




 


Nutsスモークチキンバー」は初体験。
これ、とにかく噛むときの感覚がたまらんね。
”食感”とか軽く一言で片付けるのは申し訳ない。
これは女子が大好きなはず。
ベーコンよりも好きなはず。







宮崎空港店の穴井さんを訪ねたのはいつだったか。
いや、初めて彼に会ったのはいつだっただろうか。


こんなこというと彼は怒るかもしれないけど。
そのとき、ものすっごく突っ張って一生懸命に頑張ってるプレイヤーだった。(過去形)
彼は。
歯を食いしばりつつ頂上を目指す登山者にさえ思えたし、
ネットやメディア、別世界に突き進む修行僧にも感じた。
背中に重い厚い荷物を乗せ進むフロントマンにも見えた。
そのとき、彼はね。


いや、いいと思う。
やらなきゃわかんないんだから。

逆に、自分では山を登らないという選択肢ももちろんあっただろう。
組織運営者として、周りを登らせることもできたはず。
それでも、彼は一歩踏み出した。
悶々と思い巡らせるだけのフラストレーションの塊ではなかった。
今までの環境とまるで違うしんどい世界だろうが、キツい相手だろうが、辛い日々だったろうが、彼はとにかくトライしたからね。
逃げず、スルーせず、まず彼は打席に立った…というのが俺には気持ちよくてね。

えーっと、・・・表現がわかり辛くて申し訳ない。
書きすぎて迷惑をかけるといけないので。自重してます。


何が言いたいかというと、
自分自身、いつもいつでも思ってることなんだけど、
自分自身、動いてみて改めて気付くことなんだけど、
『経験値が最後の砦』 ってこと。



そして銀座で、
オーガナイザーか、プロプライアターというんだろうか、
いや、マネージャー business manager が一番わかりやすいか。
ニュアンスは微妙でも、そんな感じ。
先日会ったとき、そのとき彼は、
素晴らしい経営者の顔をしていた。







一歩一歩、自分の歩幅でしっかり地面を踏んでるわ。
一瞬一瞬、自分の速度でまっすぐ腕振って歩いてる。

「挑む」
っていう言葉が、きっと今の彼には一番似合ってるかもしれないね。
かっちょええぞ。
応援してるから。



今度、とびっきりの野菜を用意するから、
スモークソフトベーコンとキリリと冷えた地酒で乾杯しよう。
熊本で。




 サムライ野菜と笑顔をお届けします!
  ● サムライ野菜と笑顔をお届け

 Twitter そのひとことで世界が変わります
  ■ そのひとことで世界が変わります

 instagram あふれる大好きな空間 one-shot
  ■ あふれる大好きな空間 one-shot

 カウンセリングルーム「COPAIN コパン」
  ● 大丈夫 ・・・すべては あなたと一緒に

コメントする