つまり、クラっとくるのに弱いのです



スラっとまっすぐじゃないところが好きでね。
めちゃくちゃ親近感を感じるから。うん。

ここでは無農薬でごぼうの大規模生産者はいないし、デカい機械もない。
だから畝立てで全部1メートル以上も深耕はできないので、あとは土任せ。
ごぼうは連作障害があるので輪作できる余裕ある圃場と作付け計画もいる。
と、まぁ大変なヤツではある。

ただ、マジでウマい。
香りにはクラっとくるほど。

こないだスーパーで「ささがきゴボウ」を見て怖くなった。
めっちゃくちゃ安かったけど。
ものすっごく白かったんよね。
おもいっきりゴシゴシ洗って?すぐ酢水に漬けて?
いやいやいや、あの白さは絶対にない。
ありゃ完璧に、リン酸塩や亜硫酸塩の漂白剤漬け。骨ボロボロになるわ

あっ、そんな話じゃなかった。(汗)
ウマい無農薬凸凹ごぼうの話だった。
と、バックに写る有機栽培米ヒノヒカリ
もうすぐ稲刈りだから、またクラっとくるのにドキドキしてる今。


今日の5日、KRETA様展覧会ケータリング。
そして8日(日)はOFS春のマルシェで腕をふるわれるのは東京のお客様「KLASINAクラシナ)」さん。

「土のめぐみさんの野菜は、自分が料理をする上でのお守りのような、なくてはならない存在になりました」

ブログでこんなふうに書いていただいたのを見てね。
うれしくてクラっときたね。

大きな組織だから擦り寄るなんてのは一番嫌いだし、
儲かるところだからと揉み手で近寄るのはイヤだし。
でも、どんなところであれどんな人であれ 本気で魂を込めてお野菜を使ってくれる思いを、俺は応援する。
思いは熱く自声は大きく、全力で応援する。
クラシナさん、ありがとう。

スラっとまっすぐじゃない、こんなのが好きです。
優等生でもないしカッコよくもスマートでもないからやろね、自分が(笑)
めっちゃ親近感を感じる。

ただ、本気でウマい。
でも、ドンと根を張って意地張って踏ん張って、笑ってる。
そんな凸凹の野菜が好きで、そんな熱い人間が大好き。

もう、クラっとくるほど。


コメントする