キミが世界一知ってるやん そやろ?




土のめぐみの生産者 村山さんのご自宅に集まった有機農家たち
 


村山さんの里芋と生姜畑 もちろん無農薬栽培 オーガニック



里芋についてプロの深い話を やっぱり現場が一番いい



ド真剣そのものの二人 こんな生産者がいると未来は心強い




全国の若い有機生産者をサポートするプロジェクト。
(詳しくは 長くなるのでまた話しますね)
で、以前携わったイベントがこれ⇒(史上最高の贅沢人種あらわる
んで、これ⇒(黒豆ペーストのカナッペで語り続けた夜

俺も何度も参加してるけどね。
イベントも 勉強会も プロジェクトチームも場所は東京
全国から生産者が集まるとなると、ま、そりゃそうか。

ってことで、
その中の九州全エリアだけで熊本に集合しようと。
と、かなり以前からプランを進めていて、今回、
若い有機生産者たちが土のめぐみ生産者 村山さんのところへ。



東京でも、熊本でも思ったこと。

生産者らの横のつながりが生まれるのは頼もしい
同じような年代だし世代間の共通言語もスムーズ
刺激にもなるし、これから先の課題も共有できる
それぞれキラキラして、熱心だし、探究心もすごいものがある

うん。
確かに。
いや、うん、で、そして、えーっと、あのね…

東京でも、熊本でも感じたけど、

どんな栽培技術が合うのか、とか
どんな資材を使ってるのか、など
どんな販売方法があるのか、的な
みんな真剣だし、勉強家だし、お互いに切磋琢磨しあっている

うん。
ほんま。
そや、わかる、うん、しかし、けど、あのね…



「自分の野菜の美味しさをもっとわかってほしいけど…」
とか、若い生産者からよく聞かれるので 言っておきます。

キミらの野菜の、もういっちょ先を見てくれ。
ベタでいいから。

愛を込めて乱暴に言うけど、
栽培技術とか資材とか適期とかポット育苗とか…
そんなん、野菜を買う側は1ミリも関心がないんよ。
発酵中の堆肥温度上昇で一般微生物以外の限定種高温菌が活動し…
そんなもん、主婦には一生いらん話題なんや。
それより・・・

キミの野菜を今日の晩ごはんにしたら、
どんだけ家族みんなが笑って食べてくれるか。
どんだけ元気になって明日が楽しみになるか。
どんだけ「食べること」で毎日幸せになるか。


そんだけでいいよ。
それ、キミが世界一知ってるやん。

そやろ?

教えてあげてー。




真ん中でエラソーに座っているのは弊社の会長です(うそ カカシです)



これからまだまだデカくなる無農薬・プレミアム万次郎かぼちゃ



プレミアム万次郎は お隣さんもお向かいさんもプレミアムにしてしまう



プレミアム万次郎かぼちゃを使っていただいているお得意先にて(埼玉県)


コメントする