ヌルヌルはお好きですか?



さて、ここで質問です。
「芋」といえば、何?

 チッ
 チッ
 チッ
 ・
 ・
 ・
 チーン

「芋といえば里芋!」

いや、ホント、
そんな地方は今もかなり多いんです。
ほら、山形の芋煮会もそうだしね。
高級日本料理では必ずっちゅーほど見るでしょ。
そういや、幕の内弁当への出場回数も高いわ。

実は多いんです。
里芋ファン。

  でも、料理はしない

土落としとか、面取りとか、ぬめり取りとか、
あの下ごしらえが、「あぁ~めんどくさい」
  ↓

  そのままが売れない

八百屋やスーパーの土付き「生」は人気なし。
でも食べたい、でも美味しい、でも料理はイヤ。
  ↓

  ま、なんでもいいや

お惣菜が楽でいい。冷凍がカンタンでいい。
産地も生産者も製造方法も知らんけど 便利だし。

そう、実は多いんです。
加工里芋ファン。

まぁ露骨で、
生鮮里芋は、約20年で流通量が半分以下になってしまってる。
そう、店頭で売れないから。
(実は 土のめぐみは22年間 ほぼ変わらないけど)

だから が増え、
里芋は「冷凍品」がほとんどになってる。
そのまま冷凍や味付け調理加工といろいろ。
で、知っててほしいのは、
基本的に国内の冷凍野菜は約93%が海外産ってこと。
そのほとんどが、そう、あの産地、
「中国」
ってこと。

いやまぁ、中国野菜がどーのこーのってのは、
今回は(長くなるので講演で話します・笑)書かないけど。
だって、 だから、ほら、しかたないもんねぇ。

「生」の需要が少なくなってきたこともあるけど、
里芋栽培は重労働だから『やめる』って農家さんが多いらしい。
(あぁ、確かに)
プロ中のプロの栽培を 22年ずっとそばで見てきてるけど、
うん、確かに 里芋はなかなかしんどい。
土作り、環境、土寄せ、保湿、輪作、小芋はずし、それにめちゃ重いし。
(大自然の中で気分いい筋トレができるから ぜひ手伝いに来てくださいっ)

そんな、栽培農家さんも産地も減ってきて、
量もガクンと少なくなった里芋…に、実は闘志を燃やしてます。

少なくなってきたということは
  ライバルがどんどん減ってきたということ
米より古い日本独特の野菜品種
  和食&里芋は、日本で永遠に愛され続ける
和食の野菜食材としてはマイナー
  荒らされないし、磨かれた個性が活かせる
一般家庭は国産で無農薬が人気高
  35年以上ずっと極めてきた秘密兵器が…

いかん、
書いてて、どうしても熱くなってしまう。(笑)

12、3年前、
『日本野菜ソムリエ協会』さんでご紹介いただいたのにも、
あぁ、里芋もこと書いてたね。(俺がいくつの頃だろう?)

じゃ、もう一度聞きますよ。
「芋」といえば、何?

 チッ
 チッ
 チッ
 ・
 ・
 ・
 チーン


村山さんの無農薬栽培、感動の芸術作品「(きわみ)」の味噌汁

里芋はお好きですか?

 

大好きです 今度は嘘じゃないっす

 


 

お知らせ    キラキラ    キラキラ    キラキラ    キラキラ    キラキラ


【大阪】玄米カフェ・実身美(サンミ)あべの店
勉強会&スペシャルトークセミナー

「食べることは生きること ~食と心のおはなし~」
【日時】2018年 11月6日(火)19:00~20:30
【定員】限定 12名様+α(先着順)
【参加費】3500円(セミナー代、勉強会資料、実身美の健康晩ごはん・デザート・ドリンク付き)
【場所】実身美(サンミ)あべの店(谷町線阿倍野駅 徒歩1分駅)

 


  
  キラキラ    キラキラ    キラキラ    キラキラ    キラキラ


【東京】ヴィーガン料理屋 KLASINA
 ~下北沢一番街 食で遊べるアトリエ~
「土のめぐみさんとプレ・クリスマスパーティ」
(仮題)
【日時】2018年 12月15日(土)19:00~23:00(ドリンクL.O 22:30)
【定員】限定 10名様+α(先着順)
【参加費】(追ってご連絡いたします)
【場所】KLASINA(東京都世田谷区北沢3-26-6本堂1 1F左)
【ご連絡】メッセージBOX(サムライソウル)

ベストお取り寄せ大賞 2018
元気野菜 お試しセット』 が №1

江島民子さん(日本OLS大賞審査員)のおすすめ!
「本日ご紹介する 土のめぐみ さんは、熊本野菜の中から、特に ”安心安全 しかも 美味しい” ものだけを徹底的にこだわってセレクトしたネットショップさんです。 店長の土田さんは・・・」


コメントする